前へ
次へ

どこの範囲まで逝去を伝えるべきか

親族が逝去をした場合、どこまで知らせるのが一般的なのか悩むということもあるでしょう。
最近では近親者のみで葬式を執り行い、全てが済んでから会社や近隣の人に知らせるということも多くなっています。
そのほうが香典の受け取りなども行う必要がないと考えるからでしょう。
しかし報告を受けたほうはどうでしょうか。
お焼香だけでもさせて欲しいという人もいます。
香典を持ってくる人もいるかもしれません。
そうなると香典返しの用意をする必要があります。
後から追加で用意をしなければいけないというのは面倒です。
そうなることが予想されているのであれば、最初から葬式に参列をしてもらう形を選んだほうがよいのかもしれません。
どこの範囲まで知らせるのか、ということはとても大きな問題ですし、考えてしまうことです。
最期のお別れをしたかったという人も出てくるかもしれません。
故人が生前に知らせて欲しい人のリストを作成するなど準備ができていればいいのかもしれません。

Page Top