前へ
次へ

仏教以外の宗教で葬式を執り行う

日本人の場合、葬式は仏教式で執り行うことが多いです。
これは日本の歴史が大きく関わっているのかもしれません。
中には仏教式ではなく、キリスト教式や神道式で執り行いたいと希望を出す人もいます。
神道式の場合、依頼をすることができる神社があればよいですが、中々葬式を受けてくれるところが見つけにくいという問題があります。
どうしても、というのであれば葬儀会社に相談をしてみるとよいでしょう。
キリスト教式の場合にはもっと難しいようです。
教会も地域によってその数に違いがありますし、信者ではないと対応をしてくれないということもあります。
仏教以外の宗教にも宗派があるので、どの宗派を希望するのかということも考えなければいけません。
葬儀会社であればどこの宗教や宗派でも対応をしてくれますが、特殊な宗派の場合には対応が難しいということもあるので、事前に確認はしておくとよいでしょう。
特に新興宗教の場合には一般の葬儀社で対応をしないこともあります。

Page Top