前へ
次へ

葬式のマナーで気をつけるポイント

葬式に参加するときには、近年では通夜のみ参加するという人が多くなりました。
その際に頭に置いておかなくてはならないのが、通夜振る舞いです。
それ以外にも火葬後の遺骨迎えの法要や初七日法要の後には、精進落としが催されます。
これは参列者へのお礼やお清め、と故人への供養の意味がありますので、勧められたら参加することが基本となっており、断る方が失礼にあたります。
通夜ぶるまいの際には、食欲がないというときもありますが、遠慮せずにひと口だけでもお箸をつけるのがマナーとなります。
参加するべきですが、だからといって長居はよくありません。
それだけではなく宴会ではないので、大声でしゃべったり、お酒を飲み過ぎたりしないようにするなど、最低限のマナーには気をつけなくてはなりません。
近年では、あまりマナーにはこだわらないという人も増えていますが、やはりきちんとしておかなくてはならないシーンの一つだということは間違いありません。

Page Top