前へ
次へ

最近増えてきたお葬式の形態とは

最近では、通夜葬儀という一般葬をやらない家庭が増えていると言います。
家族葬と言って、家族や本当に親しい人だけで見送るというお葬式が増えてきているのです。
また、家族だけでも、火葬だけを行う直葬のみでお葬式を済ませる人も多くなってきています。
これらが増えた要因は、エンディングノートや終活と言って、亡くなった後にどうしたいのかという故人の希望を生前に残す人が増えてきたからというのもあります。
今までですと、故人の希望というよりも、遺族の希望で葬式を取り行っていたもので、故人がお世話になったから御礼も兼ねてという意味合いで一般葬をする家庭が多かったのですが、今では、故人が本当に自分が大事に思ってきた人、家族だけでも、気持ちを込めて送ってもらいたいという希望があるからです。
義理で参列されるよりも、そちらの方がいいと考える人が増えています。
時間もお金も、一般葬に比べると、家族葬や直葬はかかりませんので、その辺でも残された人の気持ちを考えているのでしょう。

Page Top